2010年07月31日

アメシストタンブル

IMG_4909.JPG

 濃淡が結晶時代の面影を感じさせる。長径17ミリ。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

薔薇型クォーツビーズ

IMG_4514.JPG

 加工に恐ろしく手間の掛かっていそうなビーズ。原材料費は……。直径8ミリ。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

アパタイトビーズ

IMG_4510.JPG

 硬度の関係で他のものとの同居は辛い。でも、わざわざ分ける気もしないクラックの入り方をしている。直径6ミリ。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スモーキークォーツビーズ

IMG_4517.JPG

 何気に多面体になっているビーズ。工作に掛かった労力を考えると気が遠くなる。それとも、機械加工?直径8ミリ。素材から考えても、小さいほうが高くなりそう……。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

クンツァイトビーズ

IMG_4522.JPG

 肉眼で見ても「なんか仄かにピンク色のような……ん〜?やっぱ気のせいか?」といった趣きの無色透明クンツァイトビーズ。直径6ミリ。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

ペリドットビーズ

IMG_4507.JPG

 フラッシュを使用して撮影。糸用の穴が思ったより気になる。コロコロ転がるのは穴を下にしたおかげで止まったのだが。直径6ミリ。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

あと一歩のペグマタイト

s-IMG_2531.jpg
もう少し膨らんで粘土が入れば…
posted by こいん at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

文しょう花崗岩

IMG_1665.JPG
 石の成因を知るべくもない昔の人が、こういう模様に呪術的な迫力を感じてしまったとしても不思議はないな。
posted by こいん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

菱鉄鉱:Siderite

s-IMG_1683.jpg
隔週刊トレジャー・ストーン45付録
六方晶系 炭酸塩鉱物

 初期から鉄鉱石として利用されていたと言われる鉱物。鉄の炭酸塩という意味では地味だが、物によっては結構魅力的な産状を示す。もちろん、これは例外には入らない方の菱鉄鉱である。左右15ミリ。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サーペンティナイト(蛇紋岩):Serpentinite

s-IMG_1615.jpg
岩石
隔週刊トレジャーストーン73付録

 緑色の変成岩。変成によって生じた層状線状の組織をみることができる。物理的に脆いことが多く、大量に分布する地域では独特の崩壊地形を作ったりする。工事業者泣かせな岩石でもある。28ミリ。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

ポーフィリー(斑岩):Porphyry

s-IMG_1621.jpg
岩石
隔週刊トレジャーストーン73付録

 斑晶をもつ火山岩の呼び名。どのくらい広い業界か知らないが「具入り」などと呼ばれているのを聞いた。石基がやや紫色を帯びているところがなかなか良い。左右29ミリ。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アバロン:Abalone

s-IMG_1611.jpg
有機物
隔週刊トレジャーストーン61付録

 アワビの貝殻であり、鉱物どころか無機物でさえない。この号で一緒に付けられていた付録はパミスであり、もっともディアゴスティーニにやる気のない時期だったのかもしれない…。
 コインのような形とその製法に関心を覚える。打ち出したのかなぁ。
 あと、関係は知らないけれど、ロマサガ2の首都の名前がアバロンであったことを思い出し、懐かしくなった。直径14ミリ。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

パミス(軽石):Pumice

s-IMG_1630t.jpg
岩石
隔週刊トレジャーストーン61付録

 発泡成分により空隙の多い構造をもつ火山岩。酸性岩(白い)とパミス、塩基性岩(黒い)とスコリアと習った記憶があるけれど、その後に読んだ本では一定しているとは言い難いところがある。カカトの角質を取るのに使われることがある。
 この写真は自動調整をほどこしたため、コントラストが強くなっている。左右33ミリ。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナイス(片麻岩):Gneiss

IMG_1629.JPG
岩石
隔週刊トレジャーストーン74付録

 これはナイスだ。下側に黒い雲母が集まっており、もともとは均一だった花崗岩や閃緑岩が変成を受けて縞状の組織をもつに至ったことが分かる。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

ラルビカイト

s-IMG_1598.jpg
岩石
隔週刊トレジャーストーン74付録

 月長石を含む岩石。経歴通りシラーの見える面もあるのだが、方向が悪いため上手く撮れなかった。標本の左右24ミリ。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

古いペグマタイトのガマ

s-IMG_1393.jpg
こういうのを見ると思う。反対側とそこにひっついていた鉱物はどこへ行ったんだろう。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

方解石:Calcite

s-IMG_0788.jpg
産地:中華人民共和国
六方晶系 炭酸塩鉱物

 淡い青色を呈する方解石。濡れたような光沢が趣深い。
 左右32ミリ。

透明な方解石写真はこちら

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

チェリークォーツ

s-IMG_0590.jpg
人工物

 一様ではない内部の色分布と、気泡の多さが面白いっちゃ面白い。一辺12ミリ。
posted by こいん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

赤虎目石:Red Tigers Eye

s-IMG_0581.jpg

 キャッツアイ効果の分かりやすい赤虎目石のビーズ。下側に穴がみえる。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

緑石英:Green Quartz

IMG_0208.JPG
産地:中華人民共和国
三方晶系 酸化鉱物

 緑色に染まった石英。大したものではないが、磨くと意外と綺麗になりそうな雰囲気がある。そのままでも石英結晶の成長方向を感じさせるところなどがあり、そこそこ面白い。

鉱物関連記事一覧
posted by こいん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物:小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。